エクサスケールコンピュータにより実現すること(エネルギーの無料化)







エクサスケールの衝撃という本について、また書きたいと思います。
2019年には、齊藤元章さんが率いる民間企業のPezyグループから、1エクサフロップスを超える演算速度を持つスパコンが登場する予定です。
これによって、何が変わるのかを書きたいと思います。

まずはエネルギーの無料化から始まるエクサスケールの衝撃

まず、実現しなければいけないのが、エネルギーの無料化だと齊藤元章さんは言われています。
エネルギーの無料化については、いろいろな手段が想定されています。
まずは蓄電についての革命が実現するだろうと言われています。

安価な蓄電方法の確立

蓄電技術は、リチウムイオン電池が主流ですが、リチウムイオン電池では陽極に、希少なコバルト、ニッケル、マンガンを材料に用いるため、割高になっています。
しかし、大阪のベンチャー企業によって稀少材料を用いなくても蓄電が可能な導電性高分子電池というものが開発されています。
これなら、高価な希少素材を使わなくていいため、非常に安価に蓄電池を作成することができるようになります。
今、本が手元にないので、記憶を頼りに書くと、量産方法がまだ確立されていないため、現在実現できてないと書かれていたと思います。
量産方法をスパコンによる演算能力により、確立することで、安価な蓄電を手に入れることが可能となるのです。
蓄電が安価に実現できるようになれば、現在それほど有用に用いることのできなかった太陽光発電などが、蓄電でき、ピーク電力を押し下げることが可能になると書かれています。

電気自動車を移動可能な蓄電池にする

面白かったのは、自動車を電気自動車にすることで、自動車を移動可能な蓄電池にすることが可能になるというものです。
自動車を大容量蓄電池として用いて、夜間に蓄電し、昼に売電することで、電気がネットワーク化でき、ピーク電力を押し下げられるという話でした。
これによって、ピーク電力分を電気自動車の蓄電で補うことで、原子力発電が不要にできると書かれていました。
この間、久々に原発反対の街頭演説を聞いたのですが、その人たちに、「エクサスケールの衝撃」を紹介してあげればよかったなあと思っています。

人工光合成の実現

他に人工光合成が実現できるようになると書かれていました。
光合成は、原始的な植物でも実現できていたエネルギー生成装置です。
人工的に作成することはそれほど難しいものではないと考えられています。
スパコンの演算能力を用いて、分子組成を解明すれば、人工光合成装置は比較的容易に生産可能だと書かれていました。
人工光合成が実現できるようになれば、二酸化炭素と太陽光によって、エネルギーを大量生産することができるようになります。
これにより、温暖化で問題になっている二酸化炭素を用いてエネルギーを生成することで、エネルギーと温暖化対策の両方を実現できる可能性があると書かれています。

エクサスケールの衝撃 [ 齊藤元章 ]

価格:3,240円
(2017/1/28 09:40時点)
感想(2件)

>プレ・シンギュラリティ [ 齊藤元章 ]

価格:1,404円
(2017/3/14 20:21時点)
感想(0件)

エクサスケールのスーパーコンピュータがあれば、いろいろなことが実現できるのです。
それがあと3年後には登場するのです!
そのとき、齊藤元章さんがおっしゃっておられる「エクサスケールの衝撃」が起こるのです。
齊藤元章さんは、迫る前特異点の意味や本質を広く人々に理解していただき、前特異点に対する準備を進めることを望まれています。
みなさんにも、スパコンについてもっと知っていただければと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへにほんブログ村
社会・経済ランキング





2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です