豊洲移転問題







ラジオネタです。
コメンテーターは藤井聡さん(内閣官房参与(京都大学大学院教授)です。

豊洲問題ですが、小池さんの言ってることは、支離滅裂ですね。
小池さんは何がしたいのでしょう?
築地の土壌問題が発覚すると、コンクリートで覆われているから問題ないと言います。
豊洲の地下水で基準の何十倍の有害物質が出れば、大騒ぎです。
豊洲はコンクリートで覆われてないのですかね?
大体、基準値というのは、70年間、地下水を2リットル毎日飲み続けた場合、人体に影響が出るという数値です。
豊洲で、地下水を飲み水にする話も、地下水で魚を洗う話も出ていません。

今回、豊洲で実測した結果、確かに汚染物質は出ましたが、それは地下水管理システムを稼動させたことが原因ではないかと言われています。
豊洲には、地下水管理システムを使って、汚染物質が出た場合、それを除去して、海に流すということをしています。
つまりは、豊洲の地下水が汚染されていたとしても、地下水管理システムで汚染物質は除去されるし、コンクリートで覆われているため、何の問題もありません。
安心と安全は違うと小池さんは言われますが、なんでしょう?都民は安心してないと勝手に言っていますが。
小池さんが騒いだから、不安にさせられただけで、今科学的に問題ないことが証明されているのですから、それ以上、何をもめる必要があるのでしょうか?

あと、百条委員会をやって何になるのでしょう?何か問題が変わるのでしょうか?
築地は老朽化しているし、アスベストの問題も残ったままです。
豊洲も運転資金が垂れ流されたままです。
意味のないことに時間とお金をかけること自体理解できません。

専門家が問題ないと言っているのに、何を問題にしているのか、さっぱりわかりません。
この間、ポピュリズムとナショナリズムということを話題にしましたが、小池さんは典型的なポピュリストですね。
愛国心をまったく感じません。
二言目には都民が~と言いますが、どれだけ都民のことがわかっているのか聞かせてもらいたいものです。

大体、豊洲で問題になったときに、火消しをして、滞りなく物事を運ばなければならないのは都知事のはずです。
何をありもしない問題を蒸し返して、毎日維持費がかかるのに、だらだらと問題を先送りしているのでしょうか?
さっぱりわかりませんね。
築地を駐車場にして、利便性を上げる話も棚上げになったままです。
こんなことでいいのですかね?
藤井先生、めっちゃラジオで怒ってました。
藤井先生自身、専門家なので、なおさら何がしたいのかわからないのだと思われているようです。

実際、あんな人にオリンピックはまかせられないなと思っています。
ポピュリストには都政をまかせられない。
一都民として、強く思うわけであります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへにほんブログ村
社会・経済ランキング





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です