三橋貴明氏、官邸で安倍首相と会食、プライマリーバランス黒字化目標が馬鹿げていることは首相も知っていた







いつも、ブログネタでお世話になっております、経済評論家の三橋貴明さんが官邸に呼ばれて安倍首相と会食をしたそうです。

三橋貴明さんが、先日、自分の身を削って、「財務省が日本を滅ぼす」という本を出しました。

それについて、大いに安倍首相と語り合ったそうです。

プライマリーバランス黒字化目標の愚かさ

公共投資を増やしたくても、プライマリーバランス黒字化目標があるために、公共投資をした代わりに、他の予算を削れ!

教育無償化するなら、プライマリーバランス黒字化目標があるために、消費税増税だ!

などということが、今日本で起こっています。

何をするにも、財政は均衡しなければならない、つまりは所得と支出はバランスしないといけない、なので、何かでお金を遣ったら、他を削るか、もしくは増税をしろ!というのがプライマリーバランス黒字化目標です。

三橋貴明さんは、何をするにも、この「プライマリーバランス黒字化目標」が邪魔をすることを指摘しておられます。

今回の安倍首相との会食で、そこについて話したそうです。

安倍首相もプライマリーバランス黒字化目標が愚かなことを知っていた

三橋貴明さんが、プライマリーバランス黒字化目標があるために、デフレから脱却できないことをいうと、なんと安倍首相も同意されたそうです。。。

なんだ、知ってるなら、プライマリーバランス黒字化目標なんて、早く捨ててよ!と思うわけですが、事はそんなに簡単じゃないそうです。。。

わが国は独裁国家ではないため、いろいろなことで首相としての権限を制限されています。

国民だったり、マスコミ、政治家、世間の空気、全てが今はプライマリーバランス黒字化目標が正しいと思わされているためです。

もし安倍首相がプライマリーバランス黒字化目標を破棄しようものなら、一斉にマスコミに叩かれ、自民党からも叩かれるでしょう。

何より国民が異を唱える状況なのが今なのだそうです。

つまりは、国民自身がお給料を上げさせない、国民の貧困化の促進、デフレの長期化をさせているのが、日本の現状だと言えるでしょう。。。

財務省による「国の借金」の嘘が浸透してしまっているというのが現状です。。。

財務省はなんでプライマリーバランス黒字化目標にこだわるのか?

財務省ができるときに、財務省の任務として財政の均衡が法律として書かれてしまったからだそうです。

緊縮財政も財務省にすれば、法律どおりに行動しているだけだということです。

増税案を出すのは、出世のためだそうです。財務省では増税させた人が出世するため、多岐に渡って増税案が出されています。

出国税、年収850万円以上の人の増税、たばこ増税。。。

財務省はどれだけ出世したいのでしょうか。。。

それによって国民を痛めつけても、心が痛まない官僚さんは国に必要なのか???と考えてしまいます。

財務省が日本を滅ぼす

まさに財務省によって、日本は今瀬戸際に立たされています。

来年の6月に骨太の方針から、プライマリーバランス黒字化目標を外せたとしても、予算を組めるのは2019年度からです。

2017年度、2018年度は補正予算で凌ぐしかありません。

2019年は、消費増税の年であり、東京五輪の準備が終わる年です。

そこから一気に日本経済は冷え込み、20~30兆円分の需要が減ると予想されます。

デフレとは、総需要の不足です。20~30兆円分の需要が減るということは、デフレがそれだけ促進されることになります。

つまりは、日本はデフレから脱出する最後のチャンスにいるのです。ここでしくじると、当分チャンスはないと思われます。

10年、20年先までチャンスがないとなると、日本は本当に中国の属国になってしまいます。。。

北朝鮮有事

現在、北朝鮮が核攻撃をする可能性が高い都市に、東京、大阪、横浜、名古屋、京都が含まれています。

つまりは、今現在、非常事態なのです。

そのために、武装しよう!としても、プライマリーバランス黒字化目標があるために、武装できないというのが現状です。。。

武装ができるようになるのは、早くて2019年度の予算からなので、あと2年くらいは、何もできません。。。

それまで北朝鮮は待ってくれるんですかね?

あと憲法9条第二項の交戦権の否認があるため、北朝鮮への先制攻撃権が日本にはありません。

北朝鮮が打ってきてから動くしかありません。。。

しかし現状、高高度からの攻撃、いわゆるロフテッド軌道から攻撃された場合、日本の防衛システムは機能しないそうです。。。

つまりミサイルを迎撃できないのです。

この状態で、どうするのでしょうか?

じゃあ、どうしたらいいのか

どうすればいいのかと言ったら、ロビイングをするしかないようです。

つまりは地元の国会議員を捕まえて、プライマリーバランス黒字化目標の破棄を言わせる、憲法9条第二項の交戦権の否認を捨てさせる、などのことを国会で言わせるように導かないといけないわけです。

僕は今地元の国会議員に連絡しようとしているのですが、公式ホームページに書いてあるメールアドレスにメールが届かないです。。。リターンメールで返ってきてしまいます。。。

どうしたもんだと思っています。

国会議員なんて、こんないい加減なものなのかと思っている次第です。

しかし、諦めずに、他の手段を使って、コンタクトしたいと思います。

もしこのブログを読んで、危機感を覚えた人は、地元の国会議員と話して、動いてもらうように導いていただきたいです。

それほど、今日本は瀬戸際に立たされているということです。

三橋貴明さんの「財務省が日本を滅ぼす」という本を買って読みましょう!僕も読みます。(まだ読んでない。。。)

国民1人1人が正しい情報を知り、正しく行動することが求められているのです。

みなさんの子供の世代に、中国の属国として、冷遇されてしまう未来を容認するのか?それとも今行動するのかということだと思います。忘れないでいただきたいのは、中国は反日国です。そして、共産党独裁国家です。。。

僕は行動したいと思います。二人の子供の親として、子供の幸せを守りたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ランキング






UQモバイル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です