中野剛志さんによるリフレ派への批判、政府に誤った情報を提示したリフレ派に罪はあるのか?







Iloveyukichanさんから、2つのニコ動の存在を教えていただきました。
リフレ派を揶揄する内容となっています。

「詭弁つかいペラー」

「詐欺のリフレ派」

それについての返信をまたブログに載せてみたいと思います。



Iloveyukichanさん
こんにちは、ポンです。

2曲とも聞かせていただきました!結局リフレ派により、政治家を間違った方向に向かわせた罪について、リフレ派はまったく責任を取らないことについて、僕も疑問に思っています。
岩田日銀副総裁は、少なくとも、日銀をやめるべきですよね。。。

リフレ派の言っていることは、詐欺だったということですね!

少なくとも、お金の流通を増やせば、インフレに振れるのは、認めるところではありますが、今の日銀の政策では、日銀当座預金を増やして、眠ったお金を増やしただけで、通貨の流通は増えなかったというのが現状ですよね。

マネタリーベースを増やす=日銀当座預金を増やすでは、日銀当座預金は、一般企業や個人に融資できるお金でないため、リフレ派の経済学者が考えていた、通貨の流通に結びつかなかったのは確かですよね。結局、銀行による融資を増やさないとお金の流通量が増えないのは、確かです。どうすれば、銀行の融資を増やせるのか?デフレから脱却しないと融資は増えないということだと思うので、始めからリフレ派の理屈は実体経済に合わないんですよね。。。

リフレ派は、結局銀行がお金を融資しないからだめなんだと言いますが、借りてくれる人がいないのに、融資しないのは当たり前、貸しても事業が失敗しそうなところに銀行もお金を貸せないという現状を考えると、どちらにしても銀行の融資は増えないのは、目に見えてますよね。。。

つまりは、リフレ派は最初の時点から間違っていて、結局新古典派経済学の解釈を少し変えただけで本来正しいとされるケインズ理論には近づいていないんですよね。。。

結局、今やっているリフレ派の政策は、バブルを誘発するだけで、危険極まりないんですよね。。。まだバブルが目立っていないから、大丈夫かというと、そうでもなくて、なんらかの規制をしないとバブルの再燃はありえますよね。。。

リフレ派は、間違った方向に政策を導いてしまったことについて、少なくとも責任を取る義務があるのは確かですね。
日銀の政策の迷走も岩田副総裁のせいなのだから、即刻首にするべきですよね。。。っていうか、自分で辞めて欲しいですよね。
浜田宏一さんが間違えを認めたのだから、ケインズ理論による公共事業を増やす、政府の負債を増やして景気を刺激するということは今こそやるべきだと思います。

このまま緊縮政策をしていたら、だめだと思います。そのためには、緊縮財政派の財務省やバカな政治家をなんとかしないと、2020年以降の日本に未来はないように思えます。
安倍さん以外の自民党総裁選のメンバーは皆緊縮財政派なので、安倍さんの方がマシなので、安倍さんに勝っていただきたいと思っています。リフレ派に騙された安倍さんですが、相対的にはまだマシだというところに、現状の日本のダメさ加減がわかるというものですね。。。
なんとか安倍さんに日本を立て直してもらいたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ランキング






UQモバイル


1件のコメント

  1. ILOVEYUKICHAN

    ポンさん、こんばんは。

    自民党議員三回生の方の勉強会がYouTubeにアップされていました。

    「日本の未来を考える勉強会」ー貨幣と経済成長ー 平成30年3月7日 講師:評論家 中野剛志氏
    https://www.youtube.com/watch?v=PIVG7XDGrH4

    前回ポンさんがブログで紹介して下さった動画よりも、中野剛史さんはより基礎的な部分から説明しています。現代貨幣理論に基づく信用貨幣理論、単純に言えば貨幣とは何か、をかみ砕いて解説し、ビットコインの無効性を暴露しています。俎板に上っているのが、竹中平蔵やアップルのスティーブン・ウォズニアックなのがとても興味深いですね。

    この動画をみればBさんもリフレ派の根本的誤謬に気付いたかもしれません。それほど分かりやすい動画です。

    財政政策がこそが貨幣供給量を増やす金融政策である、リフレ派破れたりです。

    財政悪化なくして財政再建なし、などいつものように過激発言のオンパレードですが(かなり持病が悪化してます(^_^))、この動画を観ても分からない人はもう見込みないです。

    機会があればポンさんのブログで本格的に紹介していただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.