EUとのEPAに正義はあるのか?チーズ生産者の廃業は是なのか?

文化放送のラジオネタです。コメンテーターは経済評論家の三橋貴明さんです。 日本とEUの経済連携協定(EPA)交渉が進んでいます。 自動車関税を7年で撤廃 EUは日本の自動車輸出に関して、10%の関税を協定発行後、7年をか … [Read more…]

日銀の国債買い入れ額の維持と国債金利の管理は両立できない、日銀のXデーは近い

ラジオネタです。コメンテーターは経済評論家の三橋貴明さんです。 日銀の国債の買い入れが減額され始めています。 日銀が買い入れできる国債が尽きる 日銀は長期金利の国債の買い入れ額を80兆円にすると公表してきましたが、最近の … [Read more…]

プライマリーバランスの赤字幅を緩和し、政府支出を増やして経済成長するべき

ラジオネタです。コメンテーターは藤井聡さん(内閣官房参与(京都大学大学院教授)です。 2020年にプライマリーバランス(基礎的財政収支)を黒字化することを見直す方向で検討に入ったと報告がありました。(その後、やっぱり見直 … [Read more…]

小泉進二郎氏が進めるこども保険は単なる増税、国債発行で財源を確保せよ

ラジオネタです。コメンテーターは上念司さんです。 こども保険とはなんぞや?という話ですが、小学校前の幼児教育を無償化しよう、そのためには、現役世代だけではなくて、全ての世代で財源を取るということだそうです。つまりは増税を … [Read more…]

負債には常にデフォルトの可能性がある、現実離れした新古典派経済学は不要

以前のブログ「貨幣についての誤解がデフレを長期化させた、国の借金を減らすことは間違っている」でお伝えした「現代貨幣理論」を導き出したL・ランダル・レイの師匠である、ハイマン・ミンスキーの「金融不安定性仮説」について、今回 … [Read more…]

貨幣供給についての誤解が日銀の政策を失敗させた、量的緩和は十分でなかったのか?

前回のブログ「貨幣についての誤解がデフレを長期化させた、国の借金を減らすことは間違っている」では、貨幣の認識の間違えについて記事を書きましたが、今回は貨幣供給についての一般に知られている事の間違いについて取り上げたいと思 … [Read more…]

貨幣についての誤解がデフレを長期化させた、国の借金を減らすことは間違っている

以前、プライマリーバランスについて書きましたが、今回は財政均衡の無意味さを示す理論について紹介したいと思います。 現代貨幣理論とは L・ランダル・レイにより、現代貨幣理論という理論が導かれています。 これは新古典派経済学 … [Read more…]

AIによって失業者が増える対策として、ベーシックインカムを導入しよう

今年2017年1月より、フィンランドでベーシックインカムが始まりました。 ベーシックインカムとは、国民に対し、収入、職業、年齢などにかかわらず、全員に無条件で最低限の収入を給付する制度です。 複雑化している社会保障制度を … [Read more…]

アメリカ抜きのTPP交渉の意味するところ。右も左もグローバリゼーション

記事に対するご意見をいただいたことについて、長くなりそうだったので、記事にしてみることにしました。 以下、ご意見を引用しつつ、記事を書いてみました。 > 民主党政権時代、自民党員の多数が反対していましたよね。 自民党は当 … [Read more…]

中国の一帯一路構想、国際フォーラムを開催。デフレの中国がどこまで実現できるか

ラジオネタです。コメンテーターは経済評論家の上念司さんです。 以前、本ブログで、中国の一帯一路構想について書きました。(「中国の一帯一路構想」) 今回は、中国の一帯一路構想に関する国際フォーラムが開かれましたことについて … [Read more…]